ライフプランとは、個人の職業や年収、生活費、家族構成、年齢、資産、負債などの様々な情報から、将来いつどれくらいの支出があるかを予測するものです。
これにより、将来的に必要になる教育費や老後資金などの金額の目安が分かるようになりますので、いつ頃までにいくら蓄えを用意しておけばよいか、保険でどの程度補償をつけておけばよいかが判断できます。
そのため、保険会社ではライフプランを簡単に作ることができるソフトを所有しており、各種項目を入力するだけで、簡単に必要な金額をはじき出せます。
細かい内容については保険会社ごとに異なりますが、基本設定は大体同じですので、一度ライフプランを作成してもらえば、将来的な家計の内訳についての算段をつけるときにも非常に役に立ちます。
現在加入している会社や、これから新規加入する予定の会社に依頼すれば、数日程度で発行してもらえますので、一度依頼してみると良いでしょう。
基本的に手数料等はかかりませんし、転職や出産など、予想していなかったライフイベントがあったときには改めて作り直してもらうこともできます。
また、ライフイベントや家族構成の変化などにより、保険で必要となる補償内容が変わったときには、すぐに適切な内容に切り替えることができますので、無駄な保険料を払わずに済み、固定費の大きな削減にもつながります。
まだ作成してもらっていないという人は、一度担当の外交員に相談してみましょう。

Comments are closed.