ライフプランによって保険の選び方を考えるべきです。
まずは結婚というライフステージに入ったときに保険を見直すか入らなければいけません。
もしも専業主婦と結婚をした場合には自分の死亡により配偶者が露頭に迷うリスクができてしまいます。
そのために死亡保障のあるものに入る必要があります。
そして子供が生まれたときには子供の教育費用などがかかりますので学資保険などに入る必要もあります。
また、将来自分に何かあったときにも子供に教育を受けさせられるようにするために死亡保障の受取額を増やす必要があります。そして
住宅購入のときには住宅保険などに入る必要があります。
住宅関係のものは火災や天災などが起こった場合に補償をしてくれる保険です。万が一何かがあるとローンだけが残ってしまいますので生活が苦しくなります。
その他にも退職というライフプランのときにも検討するべきです。
退職してしまいますとその後はお金が入ってこなくなります。そして年金と退職金だけで生活をしていかなければいけなくなりますが、これだけですと将来病気にかかったときの費用などに不安がある場合もあります。
この場合には民間の年金機能のついてるものに入らなければいけません。
退職のときに支払った分の年金受給ができるように設定するのです。
そうしますと将来も金銭的に安心の生活が送れます。
このようにライフプランによって色々なリスクが発生しますのでそのたびに見直してください。

Comments are closed.