家の次に高い買い物と言われる保険ですが、だからこそライフプランにそった選び方が重要になってきます。
保証の厚さだけではなく、ライフプランによって、高い保険に入るよりも安い保険で済ませて差額を貯金した方がいいのではないか等と、悩みが出てくるからです。
もちろん、生活に余裕があり、お金にも余裕があるなら万が一に備えて、多少高く感じても早めに保険に入る事をお勧めします。
小児癌や青年層の癌も話題になる昨今、癌保険も含めて、『これから何年生きられて、何年位で病気にかかるか、貯蓄が出来るか、年金は保証されるのか?』等、選択が難しい時代になっています。
もちろん、会社によって月額は変わりますが、細かい所を読むと、安い会社の方が保障範囲が狭かったり、例外があったりと特色は様々です。
そういったリスク全てをすべて網羅し上で判断しようとすると、それを学ぶだけの時間で別に何が出来るのかと言った考え方も出来てしまいます。
ですので、ある程度のライフプランを練り上げた上で、中立的な立場で案内・提案をしてくれる会社に相談される事をお勧めします。
或いは、姻戚関係、親戚関係で、どうしても入って欲しいと言う例もあるかもしれません。
そういった場合でも、断ると角が立つなら、一番手軽なプランにして、折を見て解約をする、或いは、他の例全般にも言える事ですが、プランの見直し、高額保障のつくプランへの移行も考えられます。
一生に一度の人生です。万が一の安心はお金では買えません。
そういった意味でも、慎重に、しかし、まずは安いものからお試し程度の気持ちで考えてみるのも良いかもしれません。

Comments are closed.