保険は誰のための保障であり、どんなライフプランを持っているかで商品選びや加入や見直しの時期も異なります。
同じ20代でも独身者と既婚者では必要な保障が異なり、既婚者でも30代と40代では子どもの成長や独立によって保障の必要額は大きく変わってきます。
保険は100%ぴったりの商品はなく、一度加入すれば良いものでもありません。
ライフプランや生活スタイルの変更に応じてベストな保障を組み立てることが大事なのです。
現在、さまざまな商品が出ていますが、万一のことがあった際に家族を守る保障、自分のケガや病気に備えるもの、高額ながん治療をカバーするもの、あるいは老後を豊かにするためのものなど、保険それぞれに役割があり、メリットがあります。
そこで現在の生活に必要なものと、将来のライフプランの中で優先したいもので組み合わせることが大切になり、この点が相談のポイントになります。
また、万一のための保険も、いつまでも高額な保障が必要になる訳ではなく、子どもの成長に応じて額も減るのが通常です。
その点を見直すことはムダを省くことにもなり、その額を別の保障へと切り替える、例で言うなら30代・40代であれば生活習慣病のリスクに備えて医療保障を充実させることも一つです。
保険は専門用語も多く難解ですが、自分のライフプランを元に専門家のアドバイスを受けるのがおすすめです。
勧誘や付き合いの延長線ではなく、中立的なアドバイスの中でモデルプランを提示してもらい、その中から自分に合ったものを選択するのが理想形で、本当に必要な保障も見やすくなります。

Comments are closed.