ライフプランとは、その人の家族構成や年齢、収入、支出、資産、負債などにより、ライフイベントごとに必要になる支出額の概算をはじき出したものです。
ライフプランを作成することで、将来的にいつ頃、どれくらいの費用が必要になるかを大体把握することができますので、それに合わせて死亡補償や医療補償などを考慮して、各種保険に加入したり、これらの支払いだけでは足りない部分を貯蓄目標額にするなどの、大局的な判断ができるようになります。
ライフイベントとしては、結婚や子供の出産・進学・結婚、車などの買い替えや家の購入、退職などさまざまなものがありますが、かなり先の話しとなると、自分ではどれくらいの費用が必要になるのかを調べるのは非常に大変です。
そのため、ライフプランを簡単に作成しようと思ったら、保険会社の窓口で依頼するのが最も簡単です。
保険会社では、簡単にこういったものを作成することができるソフトを用意していますので、必要事項を入力するだけですぐに発行してもらえます。
そして、現在または将来的に、どれくらいの補償が何に対して必要になるかという説明もしてもらえますので、保険の見直しをする時の参考にもなります。
基本的に、手数料は無料で作ってもらえますので、自分や家族の収入や子供の進路の予想などを立てて、加入している保険会社の窓口で依頼してみましょう。
また、転職や失業などの予想外の変化があったときにも、依頼してみましょう。

保険会社では、その人にどういった商品が合うのかを判断するために、ライフプランを作成します。
ライフプランとは、その人の年収や毎月の生活費、家族構成、年齢、資産、負債などの様々な条件を元にして、いつ頃どれくらいの支出が発生するかを予測したものです。
これにより、ライフイベントごとに必要となる金額を逆算して、それをカバーするだけの補償内容を持っている保険を紹介するという流れになります。
ライフプランを作成してもらうと、保険の見直しだけでなく、どれくらいの貯蓄をいつ頃までに用意しておけばよいかということも分かるようになりますので、毎月の貯金目標額も設定できますし、将来的な見通しも立てやすくなります。
ほとんどの保険会社は手数料無料で作成してくれますので、見直しを考えている時などに一度は作成してもらったほうが良いでしょう。
ライフプランの見方としては、例えば、子供が生まれた時に年齢ごとにどれくらいの教育費が必要になるかということが分かります。
また、一人増ええるとどれだけ生活費が追加されるかということも分かりますので、そのために必要な費用を捻出できるよう、貯金をしたり、家計を締めることができます。
一方、子供が小さいうちは親が若く、医療保障などはそれほど必要ありませんが、大黒柱が死亡したり重度の障害になったときはたちまち生活できなくなりますので、死亡等の補償は手厚くしておく必要があります。
このように、ライフイベントごとに補償のポイントを変えて、不要部分を切り捨てて保険料を安くします。